ドイツ フォード V3000S カーゴトラック 1941年生産型 – ICM

ICM 1/35 フォードV3000Sカーゴトラック1941年 IC35411

 

フォード V3000S

車両概要

第二次世界大戦期の ドイツ フォード V3000S カーゴトラックは G917T の後継車両に相当します。1941年より生産されドイツ軍で同サイズの3トントラック オペル ブリッツ に次ぐ車両生産量を誇りました。

1941年以降ドイツ軍の主力車両として補給などに大きく貢献し、ハーフトラックの V3000S / SS M マウルティア やシェルター搭載型などの派生車も生み出しています。

 

キット レビュー

ウクライナのキットメーカーICMのキットです。2010年に発表され同社としては比較的初期に出されたキットになります。

キットのランナーはA〜Cの3つでデカールとクリアパーツが付いています。

ICM全般に言えるかもしれませんが、ゲートは太くパーツによっては細かいバリが付いているので一連のパーツの処理は多少面倒かもしれません。

 

エンジンフードからラジエーターグリルにかけた曲線が特徴的です。グリルはスリットが綺麗に抜けています。

 

キャブはペダル類やレバー類が細かく再現されています。インストルメントパネルのメーター類にはデカールを使用します。

ドアは2つのパーツで構成されており内部のパーツには模様がモールドされています。

 

シャーシのサスペンション周りなどは繊細なパーツが多いです。

 

ドライブシャフトの前輪部分はステアリングが左右に可動するので、角度を付けて置くことができます。ただし頻繁に動かすには耐久性が無いようみえます。

 

タイヤは前輪二輪に後輪ダブルタイヤが二輪の構成です。タイヤには整地用トレッドパターンのモールドが入っています。

 

装備品はジェリカンやそのラック、シャベル、サイドミラーのパーツが付属しています。前照灯のライトレンズはカバーありと無しとが選べます。

荷台は板状の木や多少のリベットの表現はされているものの木目は入っておらずちょっと残念な感じです。

 

窓部分や前照灯のガラス部分にはクリアーパーツを使用します。

 

塗装とマーキングの例は以下の4種類が説明書に記載されています。
– ロシア 1942年 夏
– ロシア 1942年 冬
– イタリア 1943年
– ヘルマン ゲーリング 機甲師団 イタリア シシリー 1943年 6月

 

ソフトスキン 製作記 1 ドイツ フォード V3000S カーゴトラック
3-5 荷台へ木目追加
3-4 キャブ・荷台組立
3-3 車体下部組立
3-2 シャーシ組立
1-1 エンジン組立

 

 

関連モデル

ICM
ドイツ フォード V3000S / SS M マウルティア ハーフトラック Sd.Kfz.3b
ドイツ フォードV3000S / SS M マウルティア 野戦救急車
ドイツ フォード V3000S / SS M マウルティア & 7.62cm Pak36(r) 対戦車砲
ドイツ フォード G917T カーゴトラック 1939年生産型

 

関連アクセサリー

タミヤ
ドイツ軍 ドラムカン ジェリカン セット

AFVクラブ
ドイツ軍 20リットル燃料缶 & 200リットルドラム缶セット

 

キットメーカー – ICM
V3000S (1941production), German Army Truck

 

アマゾン カスタマーレビュー