メルセデス L1500A Kfz.70 オープントップ – ICM

ICM 1/35 独L1500A Kf.z70中型4輪兵員輸送車 IC35525

 

車両概要

第二次世界大戦以前よりドイツ国防軍は車両規格を統一化した統制型車両を開発・生産する アインハインツ計画 を進めていました。

しかし、単一メーカーでそれらをすべて生産することは難しく当初BMW、ハノマーグ、ストゥーバー (ストゥヴァー)、オペルドイツ フォードホルヒなど多数の車両メーカーでの分散生産となりました。

最終的には、計画された統制型車両を完全に標準化することは難しい状況となりましたが、その後に修正を加えられたシェル計画に基づき、1.5トントラック (1500) については ダイムラー ベンツ / メルセデス、シュタイヤー、フェノーメン の3社が生産を担当することになりました。

メルセデス 1500 や シュタイヤー 1500 といった車種は第二次世界大戦後半に広くドイツ軍にて運用されました。

メルセデス L1500A は1941年から生産が開始され、そのほとんどが兵員輸送型として用いられました。ドイツ軍では兵員輸送型はメーカーを問わず Kfz.70 として扱われていました。

 

キット レビュー

キットにはランナーが3つとデカール、クリアパーツが付属しています。ミニアートの同L1500Aにはエッチングパーツが付いていますが、ICMの方には付いていません。

A・Bランナーは主に車体の基本部分とタイヤなどで構成されています。

 

Cランナーは繊細なパーツが多いですね。解像度が高いのはよいのですがパーツがパキパキ折れないかが心配です。

 

キャブのメーター類はデカールで再現、フロントのライトとウィンドウにはクリアパーツを使用します。

各ドアは開閉いずれかの状態が選択できます。エンジンフードはきちんと中央部分でパーツが分割されています。

タイヤはホイールと一体化されていて、ゴム部分は表と裏側内部の2パーツで構成されています。

幌は折り畳んだ状態のパーツが付属しています。

ちなみに、同じICMでも メルセデス L1500A ソフトトップ 兵員輸送トラック のキットには展開した状態の幌パーツや側面シールドが付属していて幌展開やシールド装着の有無を選択できます。

マーキングの指示例は以下の通りです。
– グロースドイッチュラント ウクライナ 1942年夏
– グロースドイッチュラント ハリコフ 1942年夏
– 北アフリカ戦線 1942年夏 ×2

 

ソフトスキン 製作記 2 メルセデス L1500A オープントップ
2-3 車体下部・タイヤ組立
2-2 シャーシ・シャフト組立
2-1 エンジン組立

 

 

関連モデル

ICM
メルセデス L1500A ソフトトップ 兵員輸送トラック

ミニアート
メルセデス L1500A Kfz.70 兵員輸送トラック
メルセデス 1500A オープントップ ドイツ兵乗員フィギュア6体付き

 

関連フィギュア

ミニアート
第二次世界大戦 ドライバー フィギュア セット
ドイツ軍 砲兵・自走砲 乗員 フィギュア セット

 

キットメーカー – ICM
L1500A (Kfz.70), WWII German Personnel Car

 

アマゾン レビュー