オペル

車両

タミヤ
オペル ブリッツ 3トン 4×2 カーゴトラック

イタレリ
オペル ブリッツ 3.6 S型 3トン カーゴトラック
オペル ブリッツ 3トントラック 木炭エンジン

サイバーホビー
オペル ブリッツ 3.6 S型 カーゴトラック
オペル ブリッツ 3トン カーゴトラック 前期型荷台

ドラゴン
オペル ブリッツ 3トン トラック 対空機関砲 Flak38 搭載

ICM
オペル ブリッツ Typ 2, 5-32 1.5トン トラック ic35401
オペル ブリッツ Typ2, 5-32 KzS8 消防車

 

アクセサリー

バリューギアディテールズ
ドイツ軍 オペル ブリッツ 積荷セット #1
ドイツ軍 オペル ブリッツ 積荷セット #2

 

 

車両メーカー概要

ドイツ不況下の1931年にアメリカのGM (ゼネラルモーターズ社) の完全子会社となったオペル社は、以降アメリカ流の大量生産技術を用いて競合メーカーよりも廉価に製品が量産可能となり1930年代中期にはドイツ国内の中型トラック市場の覇権を握るに至った。

第二次世界大戦期のオペルはドイツ政府の管理下に置かれGMは経営権を放棄させられた (後1948年にGMは経営権を回復)。オペルは第二次世界大戦期に多数の軍用トラックを製造しており、特に積載量3トンクラスで駆動方式は通常の後輪駆動だが耐久性が高い オペル ブリッツ は生産台数が約10万台を超えるドイツを代表する軍用トラックとなった。

出典 :
オペル – Wikipedia
オペル・ブリッツ – Wikipedia