オペル ブリッツ 3トン カーゴトラック 前期型荷台 – サイバーホビー

1/35 ドイツ 3t 4×2 カーゴトラック 前期型荷台

 

オペルブリッツ

車両概要

ドイツ軍の オペル ブリッツ 4×2 後輪駆動 積載量3トン カーゴトラック、型式名は Sd.Kfz.305。オペルブリッツは第二次世界大戦期におけるドイツを代表する主力輸送車両です。

オペルブリッツは戦車部隊や突撃砲部隊などの中隊内にも必ず数両が配備され、部隊内の補給や輸送、連絡などの任務に当たり、ドイツ機甲部隊を陰から支え続けた代表的な輸送トラックです。

1944年7月までにドイツの軍用トラックとしては最大数の約78,000台が生産されました。ハーフトラック型のマウルティアやシェルターを搭載した野戦救急車、燃料補給車などの派生型も多く、シリーズ合計では13万台近くが生産されています。

 

キット レビュー

ドラゴン / サイバーホビーの オペルブリッツ は、ホワイトボックスとしては同社初のソフトスキンであり、本キットはその オペル ブリッツ 3トン カーゴトラック のバリエーションキットになります。

オペルブリッツ 3トントラックの決定版といえるオリジナルキットに、大戦前期に使用された荷台と中期以降のホイールのパーツなどが追加され選択して組み立てることができます。

他のバリエーションキットとしては、本キットに 20mm Flak38 対空機関砲を追加した オペル ブリッツ 3トン トラック 対空機関砲 Flak38 搭載 と、車体後輪部分に履帯と転輪を装備した オペル マウルティア ハーフトラック Sd.Kfz.3a があります。

 

本キットには、ランナーがA〜G (E×2、Fランナーはクリアパーツ) とNとSの10個と、エッチングパーツ、デカール、マスキングのシール類、組立説明書が同梱されています。オリジナルキットから追加されたランナーが2つありますが、選択式のため使用するパーツの数はほぼ同じになります。

オリジナルキットから追加されたランナーはGランナーとSランナーで、Gランナーに背の高い荷台板と8穴ホイールが配置されています。

 

Aランナーは、キャブやエンジンフード (ボンネット) など車体上部の前方部分のパーツになります。

 

キャブとフロントフェンダー・バンパー、そしてエンジンフードのラックがそれぞれ一体成型のため、車体前部の合わせが極めて良好になります。

 

フロントグリル、およびエンジンフード左右のルーバー部分のスリットは綺麗に開口しています。エンジンフードは左右に分割されていて開閉状態を選択することができます。

 

ドアは内外2パーツで構成されています。内側には特にモールドは施されていませんがレバー類が付きます。ドアの開閉状態は選択することができます。

 

Bランナーは荷台部分になりますが、今回追加されている背の高い荷台板を使用する場合、このランナーでは荷台床面とベンチシート (兵員輸送など用途に応じて使用) のパーツのみを利用することになります。

 

荷台床面は木製ですが特に木目のようなモールドは入っていません。

 

Cランナーは、エンジンと、シャーシやシャフト、リーフスプリングなど車体下部のパーツになります。

 

エンジンはラジエーターと繋ぐホースを含め10パーツで構成されていて比較的簡単な作りですが繊細なモールドが入っており解像度は高いです。

 

シャーシは、後部の牽引装置以外のメインフレームが一体成型で、車体前部の合わせと同様に歪みを気にする必要がほとんどありません。

繊細なパーツの多い中型以上のソフトスキンの場合シャーシは左右中央でパーツが分かれているケースが多いのですが、ドラゴン / サイバーホビーは一体成型が基本のようです。

 

本キットのオペルブリッツは4×2のS型なのでプロペラシャフト周りはシンプルです。後部のデファレンシャルは丸型になっています。

タイヤのステアリングは左右に可動せず、また、回転をさせることはできず固定になります。

 

Dランナーです。こちらも車体下部やキャブのパーツですが、より繊細なパーツが集まっています。

 

タミヤなどではパーツ化されておらずエッチングパーツで対応することが多いエンジンフードの固定具もパーツ化されています。

 

キャブに取り付けるペダル・レバー類も一通りあり、ハンドルの裏側やアクセルやブレーキなどのフットペダルにもきちんとモールドが施されています。

 

スコップなどの車外装備品の留め具もパーツ化されていますが、まだ少し厚みがあるように見えます。ワイパーは別パーツになっています。

 

キャブ内の座席上には適度なシワがモールドされています。

 

ヘッドライトにはスリットの入った防空カバーが付けられており内部のガラス部分にはクリアパーツを使用します。牽引表示灯 (三角板) は起こした状態と倒した状態の2種類がパーツとして付属しています。

 

Eランナー (同じランナーが2つ入っています)、Fランナー、Nランナー、そしてSランナーです。

Eランナーはタイヤ・ホイールです。このランナーにあるホイールは6穴ホイールで後述するGランナーには8穴ホイールも付属してあります。

Fランナーはクリアパーツ、Nランナーはジェリカンが3つ (溶接部を再現するエッチングパーツは1つのみ付属)、Sランナーはキャブ上面に乗せる折りたたんだシートになります。

 

タイヤは、ゴム部分は左右2パーツで構成されておりしっかりとしたトレッドパターンがモールドされています。ホイールはゴム部分とは別のパーツになっています。

 

窓部分のクリアパーツはサイドウィンドウの三角窓も表現されています。

 

Gランナーです (3つに分かれていますがすべて同じGランナー)。このランナーは本キットで追加されました。

 

第二次世界大戦前期の生産型で7枚板で構成された背の高いアオリ板になります。後部アオリ板は開閉状態も選択することができます。畳んだ幌枠のパーツは付属していますが、幌自体は付いていません。

側面のアオリ板に付ける数種類の金具類のパーツが追加されています。

 

オリジナルキットにあった6穴ホイールの他にオプションとして大戦中期以降に使用された8穴ホイールも同梱されており選択して使用できます。

 

6穴と8穴のホイールの比較です。穴の形状も異なっています。

 

エッチングパーツとデカール、シールです。

エッチングパーツは、オペルブリッツのエンブレム、ジェリカンの溶接部 (スペーサーパーツ)、三角窓上部の雨どい、スポットライトの金具などに使用します。シールは窓のマスキングとして使います。

オリジナルキットでシールだったインストルメントパネルのメーター類は本キットではデカールになっています。

 

塗装とマーキングの例は以下の7種類が説明書に記載されています。

– 第21装甲師団 北アフリカ 1942年
– 第10装甲師団 北アフリカ 1942年
– 第15装甲師団 北アフリカ 1942年
– 第334歩兵師団 北アフリカ 1942年
– 第164軽アフリカ師団 北アフリカ 1942年
– 第7装甲師団 フランス 1940年
– 自動車化歩兵師団 グロースドイッチュラント バルバロッサ 1941年

 

 

関連モデル

ドラゴン / サイバーホビー
オペル ブリッツ 3トン トラック 対空機関砲 Flak38 搭載
オペル マウルティア 野戦救急車 Sd.Kfz.3a
オペル マウルティア ハーフトラック Sd.Kfz.3a
オペル ブリッツ 3トン カーゴトラック

タミヤ
オペル ブリッツ 3トン 4×2 カーゴトラック

イタレリ
オペル ブリッツ 3トン カーゴトラック フィギュア2体付き

ICM
オペル ブリッツ Typ2, 5-32 KzS8 消防車
オペル ブリッツ Typ2, 5-32 シェルター 野戦救急車
オペル ブリッツ Typ2, 5-32 1.5トン カーゴトラック

 

関連アクセサリー

バリューギアディテールズ
ドイツ軍 オペル ブリッツ 積荷セット #2
ドイツ軍 オペル ブリッツ 積荷セット #1

AFVクラブ
ドイツ軍 20リットル燃料缶 & 200リットルドラム缶セット

タミヤ
ドイツ軍 ドラムカン ジェリカン セット

 

キットメーカー – サイバーホビー / ドラゴン
1/35 German 3t 4×2 Cargo Truck (Early Type Platform)

 

アマゾン カスタマーレビュー