ダッジ WC51 / WC52 ビープ – ソフトスキン 製作記 1-5 荷台組立

ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 ビープ AFVクラブ 1-5

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
【前回】 1-4 フェンダー・フロントグリル追加

 

【車両概要・キット レビュー】
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ

 

荷台部分と幌骨です。幌骨の角にはエッチングパーツが付けてあります。

そんなに新しいキットではないのですが、荷台の木目とリベットがほんと綺麗にモールドされています。

 

シャーシに乗せてみました。ちょっと歪んでる感じがしますが気のせいですかね。ソフトスキンは華奢なのでどうしてもゆがみが気になってしまいます。

 

ウィリス MB ジープとの比較です。あらためて見ると、二回りくらい大きさが違いますね。荷台の積載量が1/4と3/4トンで3倍違うのでこんな感じでしょうか。

ジープよりもかなり大型のタイヤを装備していたらしいので、そこらへんも再現されていますね。

 

ダッジ WCシリーズのタイヤの大きさを確認するために、タミヤ GMC デュース アンド ア ハーフ のタイヤパーツと比較してみました。

ランナーにあるタイヤパーツはGMCのでその上に乗せているのが、上から順にウィリス MB ジープ (タミヤ)とWC51/52 (AFVクラブ)です。

GMCはその名の通り積載量2.5トンのカーゴトラックなので、ジープとのタイヤ幅の差は当然大きいのですが、WCとはほとんど同じ幅です。

WCシリーズの不整地での走行性能はジープと比較してもかなり高かったのではないでしょうか。

 

次回はジェリカンラックや装備品などを追加していきます。

 

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
1-5 荷台組立 [本ページ]
1-4 フェンダー・フロントグリル追加
1-3 キャブ・ウィンチ組立
1-2 シャーシ組立
1-1 エンジン組立

車両概要・キット レビュー

 

 

関連モデル
AFVクラブ
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ
ダッジ 3/4トン コマンドカー WC56 / WC57
ダッジ 1 1/2トン パーソナルキャリア WC63 ビッグショット

イタレリ
ダッジ 1 1/2トン 6×6 カーゴトラック WC62
ダッジ スタッフカー WC56
ダッジ 野戦救急車 WC54

 

関連アクセサリー
レジェンド
WC-51 積荷セット

紙創り
BEEP WC-51 (WC-57) フロントグリルセット

タミヤ
連合軍 車輛アクセサリーセット

 

キットメーカー – AFVクラブ
WC51 3/4t WEAPONS CARRIER

 

アマゾン カスタマーレビュー

ダッジ WC51 / WC52 ビープ – ソフトスキン 製作記 1-4 フェンダー・フロントグリル追加

ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 ビープ AFVクラブ 1-4

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
【前回】 1-3 キャブ・ウィンチ組立

 

【車両概要・キット レビュー】
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ

 

フェンダーとエンジンフードを取り付けました。今はフードの片方しか置いていません。

実際の部分の動きとは違うのですが、おそらく左右を接着したうえで模型的に脱着できるようにすると思います。

実際の車体のようにV字に開閉できるようにしてる方っているんでしょうか。ぜひ参考にしたいですね。

 

ブレーキドラムが前輪・後輪でモールドが異なるのですが組み立て説明書の指示ではどっちがどっちかわかりません。結局、同じAFVクラブのWC56 / WC57の説明書を参考にしました。

 

荷台部分の大きな1パーツだけ車体に置いて、ざっとドラム缶などの荷物を載せてみました。ソフトスキンのこういう姿を見てるとほんと楽しいですよね。

荷台に載せる積荷としては、ドラムカンやジェリカンを連合軍 車輛アクセサリーセットから、スペアタイヤやその他荷物をレジェンドのWC-51 積荷セットから選んでいます。

 

フロントグリルは、紙創りのフロントグリルセットを使っています。セットの中にはジェリカンラックとベルトも入っているので期待できそうです。

 

どうでしょう、キットのグリルのモールドも薄いのでそこまで違いはないかもしれないですね。

でも、DODGEのエンブレムやラジエーターのエッチングパーツと相まってフロント部分の雰囲気が良くなってきたと思います。

ちらっと見えていますが、エッチングのバックミラーも付けました。

 

次回は荷台を組み立てていきます。

 

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
1-5 荷台組立
1-4 フェンダー・フロントグリル追加 [本ページ]
1-3 キャブ・ウィンチ組立
1-2 シャーシ組立
1-1 エンジン組立

車両概要・キット レビュー

 

 

関連モデル
AFVクラブ
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ
ダッジ 3/4トン コマンドカー WC56 / WC57
ダッジ 1 1/2トン パーソナルキャリア WC63 ビッグショット

イタレリ
ダッジ 1 1/2トン 6×6 カーゴトラック WC62
ダッジ スタッフカー WC56
ダッジ 野戦救急車 WC54

 

関連アクセサリー
レジェンド
WC-51 積荷セット

紙創り
BEEP WC-51 (WC-57) フロントグリルセット

タミヤ
連合軍 車輛アクセサリーセット

 

キットメーカー – AFVクラブ
WC51 3/4t WEAPONS CARRIER

 

アマゾン カスタマーレビュー

ダッジ WC51 / WC52 ビープ – ソフトスキン 製作記 1-3 キャブ・ウィンチ組立

ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 ビープ AFVクラブ 1-3

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
【前回】 1-2 シャーシ組立

 

【車両概要・キット レビュー】
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ

 

今回はキャブとウィンチ部分を組み立てます。

先ずはキャブです。クラッチ・アクセル・ブレーキのペダル場所などにエッチングを使っています。

 

ウィンチ追加を選択してWC52としました。当初ワイヤーは付属の紐から別のものに変えようと思っていましたが、付けてみるとけっこういい感じなのでそのまま使います。

 

ウィンチのワイヤーの先端部分にはフックを付けチェーンも追加してみました。

フックは、タミヤの GMC カーゴトラック アクセサリーパーツセット から流用したのですが、CCKWのだとちょっとオーバースケールですね。でも他に無いのでこれでいきたいと思います。

 

キャブをシャーシに乗せてみました。

 

インストルメントパネルです。元々メーターパネルは一体型のパーツでメーターにはデカールを貼るようになっているのですが、モールドは削りエッチングパーツで対応しました。計測器部分にはフィルターを入れています。

 

シートとエンジンを塗装しました。エンジンは調べてみると白く塗られているケースが多かったので、今回は基本色を白としてパーツによって黒と銀に塗り分けています。

 

次回はフェンダーとエンジンフード、フロントグリルを取り付けていきます。

 

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
1-5 荷台組立
1-4 フェンダー・フロントグリル追加
1-3 キャブ・ウィンチ組立 [本ページ]
1-2 シャーシ組立
1-1 エンジン組立

車両概要・キット レビュー

 

 

関連モデル
AFVクラブ
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ
ダッジ 3/4トン コマンドカー WC56 / WC57
ダッジ 1 1/2トン パーソナルキャリア WC63 ビッグショット

イタレリ
ダッジ 1 1/2トン 6×6 カーゴトラック WC62
ダッジ スタッフカー WC56
ダッジ 野戦救急車 WC54

 

アメリカ 車両メーカー
ダッジ
GMC
ダイアモンドT
ホワイト
ウィリス / フォード / バンタム

 

アクセサリー
レジェンド
WC-51 積荷セット

紙創り
BEEP WC-51 (WC-57) フロントグリルセット

タミヤ
連合軍 車輛アクセサリーセット

 

キットメーカー – AFVクラブ
WC51 3/4t WEAPONS CARRIER

 

アマゾン カスタマーレビュー

ダッジ WC51 / WC52 ビープ – ソフトスキン 製作記 1-2 シャーシ組立

ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 ビープ AFVクラブ 1-2

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
【前回】 1-1 エンジン組立

 

【車両概要・キット レビュー】
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ

 

シャーシを組み立てました。バンパーなどはエッチングパーツを使っています。

 

エンジンとラジエーターをシャーシに乗せてみました。

 

エンジンとラジエーターをホースでつなげています。エッチングになっているディストリビューターからの5本のケーブルが良い感じです。

 

シャーシにシャフトとディファレンシャルなども追加しました。

タミヤの Willys MB ジープとの比較です。キットメーカーが違うということもありますが、シャーシの長さやタイヤの大きさが全然違いますね。

 

次はキャブとウィンチの組み立てを行います。

 

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
1-5 荷台組立
1-4 フェンダー・フロントグリル追加
1-3 キャブ・ウィンチ組立
1-2 シャーシ組立 [本ページ]
1-1 エンジン組立

車両概要・キット レビュー

 

 

関連モデル
AFVクラブ
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ
ダッジ 3/4トン コマンドカー WC56 / WC57
ダッジ 1 1/2トン パーソナルキャリア WC63 ビッグショット

イタレリ
ダッジ 1 1/2トン 6×6 カーゴトラック WC62
ダッジ スタッフカー WC56
ダッジ 野戦救急車 WC54

 

関連アクセサリー
レジェンド
WC-51 積荷セット

紙創り
BEEP WC-51 (WC-57) フロントグリルセット

タミヤ
連合軍 車輛アクセサリーセット

 

キットメーカー – AFVクラブ
WC51 3/4t WEAPONS CARRIER

 

アマゾン カスタマーレビュー

ダッジ WC51 / WC52 ビープ – ソフトスキン 製作記 1-1 エンジン組立

ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 ビープ AFVクラブ 1-1

AFVクラブ ダッジ WC51 / WC52 ビープ の製作記です。

 

【車両概要・キット レビュー】
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ

 

先ずは組み立て説明書通りにエンジンから組み立てていきたいと思います。

ダッジのT214エンジンですが、パーツが22個で構成されていてこの大きさのエンジンとしてはけっこう細かい作りです。

 

組立自体は問題は無いのですが、エッチングパーツの取り付けに最初からつまづきました。

エッチングは Eduard (エデュアルド) のパーツを使っています。

 

あるエッチングパーツがどの場所にどのように接着されるのかがよくわからず、Tankogradの資料を見てみますがそれでもそのパーツの場所がわかりません。

エッチングって本当にそこにそのパーツが必要なのかがけっこう疑問に思うときがあるのですが、とりあえずそれっぽい感じで取り付けます。

 

ディストリビューターから伸びたケーブルがエンジン上部の5箇所に接続されるのですが、密接した場所で5つ別々に取り付けるのは大変でした。

 

以前使っていたピンセットがタミヤのツル首ピンセット74003だったんですが、別のタミヤのピンセット74047に変えています (本当はホーザンのピンセットなんかが良いのだと思いますが、追々買い足していこうと思っています)。

瞬間接着剤をゼリー状にして点付けができる環境も作り、大分エッチングパーツ接着はできるようになってきたのですが、それでも何度も接着に失敗して白化しては削り取ることも多くまだまだ慣れませんね。

 

以下が組み立て後のエンジン部分になります。

 

次はシャーシの組み立てを行います。

 

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
1-5 荷台組立
1-4 フェンダー・フロントグリル追加
1-3 キャブ・ウィンチ組立
1-2 シャーシ組立
1-1 エンジン組立 [本ページ]

車両概要・キット レビュー

 

 

関連モデル
AFVクラブ
ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ
ダッジ 3/4トン コマンドカー WC56 / WC57
ダッジ 1 1/2トン パーソナルキャリア WC63 ビッグショット

イタレリ
ダッジ 1 1/2トン 6×6 カーゴトラック WC62
ダッジ スタッフカー WC56
ダッジ 野戦救急車 WC54

 

関連アクセサリー
レジェンド
WC-51 積荷セット

紙創り
BEEP WC-51 (WC-57) フロントグリルセット

タミヤ
連合軍 車輛アクセサリーセット

 

キットメーカー – AFVクラブ
WC51 3/4t WEAPONS CARRIER

 

アマゾン カスタマーレビュー

ダッジ 3/4トン ウェポンキャリア WC51 / WC52 ビープ – AFVクラブ

AFVクラブ 1/35 WC51 3/4T ウェポンキャリア

ダッジ WC51 WC52

車両概要

第二次世界大戦期のアメリカの軍用トラックの生産は、GMC 2 1/2 (デュース アンド ア ハーフ)、MB / GPW ジープ、そして、積載量3/4トンの ダッジ WCシリーズがそのほとんどを占めていました。

1940年までのダッジVCシリーズはジープよりも少しだけ積載量の多い1/2トンでしたが、1942年より積載量が3/4トンでT214エンジンの新WCシリーズにアップグレードされデザインも一新、装備品輸送車 (ウェポンキャリア) の他にも偵察車や野戦救急車などのバリエーションが開発されています。

WC51 / WC52 (WC51はウィンチ未装備、WC52はウィンチ装備型) はWC21の後継車種で荷台部に車体に対して縦方向の兵員用ベンチシートを有していました。

WC51 / WC52は一個分隊6名の兵士と小火器を輸送するための装備品輸送車とされていましたが、実際には通常のカーゴトラックとして運用されているケースが多かったようです。通称であるビープ (Beep) は”Beefed Up Jeep”を表していて、文字通りジープの強化版という意味が込められています。

 

キット レビュー

キットのランナーは8つのでデカール、クリアパーツ、ホイール脱着用のポリキャップ、ウィンチワイヤー用の紐が付属しています。クリアパーツはフロントのライトとウィンドウに使用します。

 

エンジンフードはきちんと中央部分でパーツが分割されています。

 

フロントグリルと前部バンパーはWC51用とウィンチ付きのWC52用でパーツが別れ選択することができます。

フロントグリルはモールドが薄く成型されており見た目も良いです。W52にする場合のウィンチワイヤーは付属の紐を使用します。

メーターパネルは一体型のパーツでメーターはデカールを貼るようになっています。フロントシールドは他のジープのキットなどと同じようにキャブの側面に差し込んで開閉ができるようになります。

荷台の木製部分にはきちんと木目などがモールドで表現されていてかなり良い雰囲気です。

荷台後部のパネルは開閉ができます。荷台にM2重機関銃を装備した状態にすることもできます。

 

タイヤはホイールは別でゴム部分がほぼ一体成型 (実際には裏の内側のと合わせて2つパーツで構成) になっていて塗装はしやすそうです。

 

デカールを使用するマーキングは以下の3つ例が記載されています。
– 第3軍 第391歩兵連隊 フランス – WC51
– 第82空挺師団 1944 フランス – WC52
– 第6軍 第15装甲師団 イタリア – WC51 M2重機関銃装備

 

ソフトスキン 製作記 1 ダッジ WC51 / WC52 ビープ
1-5 荷台組立
1-4 フェンダー・フロントグリル追加
1-3 キャブ・ウィンチ組立
1-2 シャーシ組立
1-1 エンジン組立

 

 

関連モデル

AFVクラブ
ダッジ 3/4トン コマンドカー WC56 / WC57
ダッジ 1 1/2トン パーソナルキャリア WC63 ビッグショット

イタレリ
ダッジ 1 1/2トン 6×6 カーゴトラック WC62
ダッジ スタッフカー WC56
ダッジ 野戦救急車 WC54

 

関連アクセサリー

レジェンド
WC-51 積荷セット

紙創り
BEEP WC-51 (WC-57) フロントグリルセット

タミヤ
連合軍 車輛アクセサリーセット

 

キットメーカー – AFVクラブ
WC51 3/4t WEAPONS CARRIER

 

アマゾン カスタマーレビュー